岩盤浴

岩盤浴にはたっぷり汗をかくことができ、やせる体をつくる効果があります。
岩盤浴ではたくさんの汗が出るから体重が減ると思っている人が多いと思いますが、それは体内の水分が汗によって出るので水分を補給すると体重が元に戻るので意味がありません。
しかし、岩盤浴でやせる体になるには燃焼と排出の2つの効果があるからやせれるのであります。

・燃焼
岩盤浴を使用すると体が温まることで代謝が上がり脂肪が燃焼されやすくなって高燃焼サイクルとなり、やせる体になっていくのです。

・排出
排出とは有害金属を体の外に排出することであります。
有害金属がくっついている脂肪は、燃えにくい脂肪なので体外に排出する方法としてトイレと汗があり、その割合はトイレが95%、汗は3%で汗による排出は少ししかありません。
しかし、岩盤浴で代謝が上がるので腎臓の働きもよくなるのでトイレでの排出によって燃えやすい脂肪になり、やせる体になりやすいのです。

岩盤浴は週に2回〜3回入るのが理想的で毎日入ると体に負担が掛かります。
頻繁に岩盤欲にいく場合は1回の入浴時間を短くしたりして無理しないように調整しましょう。
また、多く通えない場合は自宅で半身浴などを行い、さらにダイエット効果を上げたいときは岩盤浴を行った後にウォーキングなどの有酸素運動やマッサージをするとより良い効果があると思われます。

寝て燃焼アップ

・岩盤欲前後のケア
岩盤欲を行うときは空腹の状態又は食事する2時間前の状態のほうが燃焼効果が上がると言われています。 満腹の状態だとゆっくりとした深呼吸ができなく、水分が排出され難くなるのです。
ただし、お腹が空きすぎている場合は、立ちくらみや気分が悪くなる恐れがあるので少しだけ食べておいたほうが良いと思われます。
また岩盤浴前にアミノ酸などのサプリメントを摂取しておくと脂肪が効率よく燃焼され、より汗や老廃物が排出されやすくなります。
岩盤欲の後は老廃物が出やすい状態なので岩盤浴の後は水分を多めに摂って、食事は1時間後ぐらいに食べるようにしましょう。
食事のときは炭水化物や高カロリーのものはなるべく避け、ゆったりとした気持ちで過ごすことが大事であります。

・岩盤欲中の呼吸法
ヨガの呼吸法が基本で入浴中に行うと代謝が上がるので老廃物が排出しやすくなります。

・仰向け
まず、仰向けになって、肩幅よりちょっと広く足を広げ、手はへその下ぐらいに置きます。
次に足の裏からお腹、そして頭から抜けるイメージで鼻からゆっくりと息を吸います。
そして肩、首などの力を抜き、へその下の丹田というところが床につくようなイメージでゆっくりと息を吐いてください。 このときに軽く目を閉じてから鼻の頭を見るように意識すると脳がリラックスします。

・うつ伏せ
まず、うつ伏せになって手足を楽にして片方の耳を床につけます。
次に仰向けのやり方と同じようにお腹の動きを感じながら、ゆっくりと呼吸をします。
うつ伏せでこの呼吸法を行うと便秘や首のリンパ、耳のツボに効果的で肺活量や体力、持久力などが上がります。

サブ設置ここから

おすすめWEBサイト 5選

ダイヤモンドの買取専門店
http://dia-kaitori-1bankan.com/

最終更新日:2015/9/2