入浴ダイエット

・高温反復浴
お風呂でお湯に入ると体に水圧がかかります。
お風呂でに肩までつかった場合は、家庭用のお風呂なら約560kg以上掛かっているそうです。
お風呂につかっているだけでそれだけの負荷が体にかかっているのです。
お湯につかるとお腹が凹みます、それは身体に水圧がかかっているから凹むそうです。
体にかかる水圧は、循環器系の働きを活発化して、血液の流れを良くするので体内にも良い影響をもたらしてくれます。
しかし、お湯の量が多くなればなるほど、圧力が増すので心臓に掛かる負担も大きくなるので長時間はいることはできません。
そういった場合は入浴時間を短くして、体に負担が掛からないようにしましょう。



効果的な入浴:
かかり湯 1分
まず、体をお湯に慣らてもらうために最初は温めのお湯を心臓から遠いところからかけるようにして行き、徐々に体を慣らしていきます。

最初の入浴3分
入浴するときはゆっくり入って行き、3分間肩までしっかりつかります。このときの温度は42度〜43度ぐらいが良いと思われます。

休憩5分
ここで体を休めるために一度湯船から出て、体や頭などを洗うと良いと思われます。

入浴3分
もう一度湯船につかります。

休憩5分
また、湯船から上がり、5分間待ちます。待っている間は何しても良いでしょう。

最後の入浴3分
最後にもう一度湯船に使って3分したら出るようにしたほうが良いと思われます。

風呂上り
お風呂から上がったら、水分を補給するようにしましょう。

・中温半身浴
長くお風呂に入っていたい人は半身浴が良いでしょう。 半身浴は、肩までつからないので全身浴に比べて体にかかる水圧の負荷が軽くなります。
水圧の負荷が軽くなるので長時間の入浴が可能になります。 長時間入ることによって全身浴と変わらない効果をもたらしてくれます。
入浴によって消費されるカロリーは、42℃のお湯に10分間入った場合で約100kcalになります。
入浴と一緒にバランスの取れた食事を行うと入浴で1日に約200kcal消費すれば半年間で5kgぐらいはやせられると思われます。
入浴はあくまで楽しみながら入ることに意味があるので楽しむついでに痩せようと思えば、さらに楽しく入浴することができると思われます。

効果的な入浴方法:
かかり湯 1分
まず、体をお湯に慣らてもらうために最初は温めのお湯を心臓から遠いところからかけるようにして行き、徐々に体を慣らしていきます。

最初の入浴15分〜20分
39〜40度くらいの温めのお湯に入り、湯船につかっているのが退屈な人は本や音楽を聴いたり、読んだりすれば飽きずに入浴を楽しむことができると思います。

休憩5分〜10分
一度休憩をして体や頭などを洗うようにしましょう。

自分の好きな時間
もう一度湯船に入り、自分の時間を決めてリラックスして楽しく過ごすようにしましょう。

・入浴前
飲酒や極度に疲れているときはお風呂に入るのは控えた方が良いと思われます。
飲酒や疲労時に入浴すると心臓に負担がかかり、目を回して倒れたりすることもあるので長時間のお風呂は止めた方が良いと思われます。
あと、お風呂に入ることによって胃腸の血管が収縮して胃腸の働きが鈍くなるので胃酸の分泌量が少なくなり、食前に入浴することによって食事の量を減らすことができるが、極度の空腹時に入浴すると気分が悪くなるので気をつけましょう。
食後すぐにお風呂に入ることは消化に悪いので時間が経ってから入るようにしましょう。

・入浴後
入浴後は水分を補給するようにしましょう。 お風呂に入ることによって、汗などで体内の水分が不足します。
水分が不足すると体やお肌にも良くないので入浴後はちゃんと水分補給をするようにしましょう。
水分を補給するときはお茶や水などといったカロリーの低いものを飲むようにすると良いでしょう。
また、肌のケアも忘れないで行ってください。
お風呂などで洗顔や体を洗ったあとは肌の脂が洗われているのでダメージを受けやすいので化粧水や乳液でケアした方が良いと思われます。
サブ設置ここから

check

最終更新日:2015/6/9